フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

病気になる前に
フェレットって病気が多いと思いませんか?
副腎疾患から、インスリノーマ、リンパ腫、副腎腫瘍という3大癌。

重い病気の子の多い飼い主さんとかも
ときどきおられます。
何か原因があるような気もしてます。
サプリメントのあげすぎとか。

病気をしないために
特に何かしたことは私はないです。
病気になる前に
あれが原因かもと思うことはあります。

暑さ寒さの環境を整えること。
ストレスをあたえないこと。
眠るときは暗い場所で。
フードは良いものを。
これらは最低限守りたいです。


カリカリフードには癌になる成分が入っています。
栄養がすべて足りていない可能性は多々あるようで
でも、フードをあげないわけにもいかないので
サプリメントでケアしましょう。

フェレットに足りていないと思われる微量な成分が含まれている
サプリメントで、ナルヘソでオーソドックスなものが
ベーシックスになります。
病気をしてからでは遅いので
普段から使うことが望ましいです。

サプリメントはたくさんあげれば
よいものではありません。
他の社のサプリも飲んでいるなど
重複して飲ます必要はありません。
薬ではないですが、使用量は守りましょう。

下のいずれか一種類でOKです。





水道水をあげているとビタミンが体内から減ります
風邪の予防にも
ビタミンCプラス


ナルヘソ・プラスC



普段から予防しておきたい
副腎疾患


ナルヘソベストイン





category : サプリメント 

フェレット虐待事件 2007.3
最初に
別のHPに入れて記事にしていたものを
再度手直しして、こちらにアップしました。
この事件を知らない人も多いと思います。
風化してしまうことのないように…




フェレットの虐待を許さない!
             
動物虐待を許さない!




          


このサイトは2007年3月初めに
某サイトの掲示板に虐待フェレットの動画をアップした男が
逆に多くのフェレットを愛する人達の警察への通報等で
警察やマスコミをも動かしました。
生きていて欲しいという、多くの人の願いも虚しく
虐待の事実を隠ぺいするためか?
その男の手で殺されてしまっていたという、
悲しい結末をむかえてしまいましたが、
この二匹のフェレットの死を無駄にしないためにも
その事実を風化させたり、
忘れないためにも、
弱者である動物への虐待が一切なくなって
くれることを、ただただ強く願い
このサイトを作りました。






                      

                    初更新 2007.3.21
                
     

                                  


f1.gif

画像は2007.3 
飼い主に虐待死させられた
マークドホワイトぽいフェレットさんです
虹の橋の向こうの
穏やかな場所で
2匹ずっと仲良く遊んでください




2007.3
フェレットの虐待画像が某サイトにUPされました。

その動画や行為に誰もが強い怒りと不快感を感じました。

強く噛むからと、犬歯を四本もニッパーでカットされてます。
フェレットの犬歯は大切なものです。カットは普通の人はしません。
この時点でなぜこんな、ひどいことができるのか…。
噛み癖は確かにありますが、
普通一時的なもので、すぐしなくなります。
何度も噛みつかれていたとすれば、
よほどの不信感や恐怖をフェレットが
この男に持っていたのかもしれないです。
首を絞め?失神させたり、フェレットの顔をたたきのめしたり、
足に噛み付き、悲鳴をあげさせている行為を、
動画におさめるためにしているのです。
日常的にされていたと思える、本人の発言もあります。
それを、躾だと、男は言い張りました。
躾というものは、愛情を持ってするものです。

噛みつかれて、憎くなったといってますが、
噛み跡にしても、私はフェレ飼いの勲章だと思ってます。
ショツプの子に噛まれて流血というのもありますが、
憎いと感じることはありません!

この男が虐待の画像をUPして、
それをみたフェレットを飼っていた人達がまず、
怒り騒ぎ、この男を叩きます。
その後、警察に虐待の通報をすすめ
毎日100を越える多くのメールが届いたようです。
マスコミにも取材をして欲しいとお願いをしました。

男の「フェレット2匹は公園に捨てた」発言で、
神奈川県厚木市周辺の公園をあちこち
探している人たちも出たり、
保健センターなどに問い合わせるなど、
あちこち手を尽くして、保護されるのを待っていました。

警察やマスコミが動き、新聞にも記事になり、
ニュースでも取り上げられました。
Fテレビでは虐待のビデオをそのまま流し、不快感や怒りを
感じた人も多かったようです。

 3月18日また某掲示板に、
この男の「フェレットは2匹とも殺した」との書き込みあり。
本人の書き込みです。保身としか思えない書き込みに、
フェレット2匹の命を奪って、その上に自分の保身だなんて、
許せないと、嘆願書をという動きも強く出ています。

 みんなの思いは、この二匹のフェレットが無事に
保護されることでした。
一刻も早く、元気な顔が見たかったのです。
自分のフェレットのように、みんなが心配していたんです。
そして普通の家庭のあたたさを感じて、これから幸せに過ごせること。
そう、それだけをずっと願っていたんです。

殺されたという、発言に
多くのフェレットを大切に思う人達が、悲しみにくれました。

 フェレッターがこれだけ怒るのは、
ご自分のフェレットをとても大事に思っていて、
こどもと変らないくらいに、大事にしているからです。
自分のフェレットと同様に愛されるべき可愛い動物を
虐待し、死に至らしめるなんて、許せるものではありません。

フェレットの数も増えてきて
名前もポピュラーになってきて、
フェレットの可愛さを知る人も増えました。
ですが、その影で
虐待や捨てるという行為も
増えているように感じます。

同掲示板で、猫のこげんたちゃんや
空ちゃん事件でも、
同様の犯罪が起こっており、
何か根本的な問題がここにもあるようです。

この虐待も氷山の一角で、
法で厳しく規制しても、減ることは多分ないでしょう。
何故なら見えないところで、
普通に虐待は行われてます。
もし、虐待をしていると感じたり、
虐待している人をみつけたら、通報したり
止める勇気も必要ではないでしょうか。




フェレット(ペット)を飼えない方へ

 「動物虐待は犯罪です。
、「動物の愛護及び管理に関する法律」
動物をみだりに殺したり傷つけると、
1年以下の懲役または100万円以下の罰金。
動物を虐待・遺棄すると、50万円以下の罰金とされてます」

フェレットは決して、飼育しやすい動物ではありません。
ショツプにいる可愛いフェレットは生き物です。
あなたの思い道理にになることは、まずありません。
毎日の世話も掃除も大変です。

フェレットを大事に思えず、虐待する前に
里親を探して下さい。
虐待することが楽しいはずもありません。
可愛いと思えないなら、飼育も苦痛になりますし、
そのうちに、見たくもなくなるはずです。

動物が合わないということも、あります。
飼い切れないことも、よくあります。
人間として劣っているわけではありません。

別の人に託して、いっぱい可愛がってもらっているということで
飼えなかったという、罪悪感は薄れていくかも知れません。

飼育放棄も、捨ててしまうのも、やめて下さい。
ペットは人間の手によってでなければ、病気にかかったりして
長くは生きていけません。

購入したショップに相談をしてみるのもいいと思います。
中には里親募集をしてくれる良いショップもあります。

ネットでもフェレット用の里子の募集もあります。


◆ 1ヶ月後・多くの署名から 犯人が逮捕されました。
2007.4.11の読売新聞の記事
http://tokyo.cool.ne.jp/sora-umi/xfe.htm






〔参考HP〕
「フェレット虐待事件」blog itachi2007様 別HPリンク
http://itachi2007.blog96.fc2.com/blog-entry-1.html





リンクとバナーについて

◇こちらのHPリンクは自由にして下さい◇
報告などは必要ありません


 ホームページアドレス 
http://fereet1mode.blog44.fc2.com/blog-entry-85.html



itaci-ban1.jpg
a-fer-ban.gif

直リンクはご遠慮下さい

category : フェレット虐待事件 

決して他人ごとではない副腎疾患
決して他人ごとではない副腎疾患


6割強のフェレットが
副腎疾患にかかるといわれていますが、
私はもっと多いと推測してます。

副腎疾患の原因は、生まれて少しして、
避妊手術などを施してあるから
ホルモンのバランスが崩れていくというのが
一説ではなくて、真実だと思ってます。

まず、副腎疾患とは
ホルモンバランスが崩れて起こる
様々の症状をいいます。

副腎がはれる場合は、良性である場合と
悪性の癌があります。

ホルモンバランスが崩れているだけと、
副腎のはれる良性、悪性の癌は、
これらは、別の病気です。
ですが、その症状は、類似しています。

癌であるか、否かは腫れている副腎を、手術で開いて、
検査に出さないとわかりません。



実際にうちのフェレットも
一番若い3年目の子は、何も心当たりはありませんが
それ以外の子には、病院にかかるほどではないですが
いくつか思い当たることがあります。

亡くなる前の半年くらい前から、
筋肉が減るのか、
骨が軽くなっていっているのか(骨粗鬆症)
軽い感じが抱いてします。

元々、かゆがりのフェレットは、1日に3回は
大きめの音をたてて
ぼりぼり後ろ足で、かいてたりしますが、
もっと頻繁に痒がったりもしてます。

毛に艶がなくなったり、
逆にべっとりとしていたり
喚毛期に生え変わらないことも、よくあります。

しっぽに毛がなくなる状態や、(五匹中、三匹)
毛の抜け方が異常だと思うときは、
ホルモンバランスが崩れている可能性は高いです。
副腎疾患の初期であることもあります。
副腎が、癌になるケースは、
あるデーターでは60匹に1匹というデーターもあり、
少なく、稀なようで、ほとんどは良性とされていますが、
最悪癌であることもありますから、、
いつもと、違うなと思ったら、
副腎疾患を疑ってみるべきです。


その症状は、急に悪化したりはしないので、
徐々に徐々に、弱っていくので、
年をとったフェレットは、老化と勘違い
することも多いと思われます。

医師にかかるほどの症状がでなければ
わからないことも多く
見逃されるケースも少なくないはずです。

副腎疾患の子は、ふつう一般的に、ひどく脱毛して
毛が生えてこない症状で、病院にかかります。

♂なら、排尿疾患、おしっこがでなくなった
♀なら、おしっこする部分がはれ上がる
というケースもあります。

であると、それ以外の症状しか出ない子は
逆にいえば、見逃されているということになります。

現在の医獣学で、副腎疾患にどれだけ対応して
治療らしいことができるのかは、
リュープリンという、ホルモン剤くらいしか
私も頭に浮かばなくて、
詳しいことは、副腎の腫れで病院にかかったことがないので
わかりません。

今年五月に8歳前に亡くなった、うちのクン(♂)も、
副腎疾患の疑いがあり、病院で副腎をみてもらったら
標準ということでした、気持ちだけ厚いかもしれないと言われましたが。
ホルモンバランスの崩れているのは、
べたべたする毛、ふけっぽい
喚毛期が1年半きていないということだけでも、わかります。

亡くなる半年前、
遊ばない
良く寝る
トイレは1日2回のみ、溜めまくった尿

亡くなる2週間前、急に
全身薄毛
しっぽに毛がない
食べたフードを2、3回吐く
下痢

そういったことがありました。

最後まで、必死に維持していたバランスが
最後の最後で崩れたしまったという感じです。



副腎の疾患は、大なり小なり
フェレットにはありがちなことのようです。

副腎疾患は、野生で生きるいたちなどには、みかけないので
ペット化して、飼いやすくした人間の責任でもありますね。
初期の手術は、現段階で殆ど行われていることなので
原因がそれであれば、生まれてから
一年前後に避妊手術などを施すように
改善されないと、副腎の疾患は減らない気がします。
実際に、一年して、手術した子に、副腎の疾患が少ないという
データーがあれば、欲しいです。
(副腎疾患や癌などが多いために、ノーマルフェレットのベビーを飼う人もいます。
一年前後に、ちゃんと避妊手術を受けるという約束のもとにですが)

手術済のスーパーフェレットを購入している場合は
原因が早期の手術なら、どうすることもできません。
ですが、
住居の環境や、ストレス減、運動、フード、サプリメントなどでも、
症状は軽くおさえられる可能性はあると私は思ってます。
うちの、クンも、副腎のホルモンバランスの崩れはありましたが、
八年近く、生きれました。
もちろん本人の、強い遺伝子もあったと思います。
他の子の平均寿命は五年強くらいでした。

今、うちの凛(♂)7年目で
気になる背中の脱毛を一度しました。
ホルモンバランスの崩れは、あるみたいです。
お腹の腫れ、青いあざのような感じ
顔のむくみ
尿を何度もする
寝方が上向きが多い
よく風邪を引いて咳をする
(副腎疾患の高齢フェレットは咳をすることが多いようだ)
毛玉を含む糞が多く、その前後でみどりっぽいフンになる。

毛が生えてくるまでは、特に何もしなかったが、
2か月くらいで、新しい毛が生えて、ふさふさしてきた。
現在は、サプリメント、なるへその副腎男の子用とザイムで
様子をみています。

尿の疾患にいい副腎疾患、♂用と
毛球症予防にもなるザイムは、油の多い、
ラクサトーンをあげるより体にいい気がします。










上に述べたことに、心当たりのある方は
副腎疾患のページをよく読まれて
少し知識を入れておかれると良いかもです。

それと、インスリノーマという病も、簡単でいいので
諸症状は覚えていて下さい。

副腎疾患、インスリノーマ、リンパ腫といえば、
フェレットのよくかかるとされる三大病です。

リンパ腫も、インスリノーマも癌なので、早めに治療を開始された
方がいいはずです。

リンパ腫は、しこりでわかるので、抱っこしたついでに、
しこりがないかなと、触ってみるのもいいですね。




category : 読んでほしいページ 

ひとりで爪を切る方法
ひとりで爪を切る方法


結構爪切りって大変だよね。

二人がかりってひともいるし、ひとりの人もいるようで。

人によってもいろいろみたいで、

寝ているときに、ちょこちょこカットする。

バイトをあげているすきに、カットする。



私がやっているのは、猫つかみして、

さっさとカットする。

これが早い気がしますね。

爪をよく見て、血管が見えるので

そこを切らないように

気をつけて、カットしてください。



万が一、血が出ても

足を上に少し向けていたら、とまります。







category : ケア 

耳掃除の仕方
フェレットの耳掃除の仕方


準備するもの
ベビー用の綿棒
イヤークリーナーなど

乾いた綿棒を使うと耳が傷つきますので、
イヤークリーナーがない場合でも、
必ず水などで濡らしてください。

猫つかみしてだらーんとさせよう

耳の見えるところのみ、きれいにします。
耳の穴は、そうじしないように。

理由は耳垢が奥に奥に入ってしまい
カビがついたりしたら、耳垢が増えて病気になるようです。
掃除のしすぎで、中耳炎になったりします。
なので、穴はしない方がいいようです。

人の耳掃除も同様で、耳の穴を耳掃除をしなくても、
自然に耳垢は、出てくるような
とれる仕組みになっているので
耳のまわりだけを綿棒できれいにするだけでいいとか
半月に二回程度でいいんだって。




category : ケア 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。