フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

フェレットの飼い方6
健康診断へ行こう

お迎えしたら、健康診断は受けていたほうが安心です。
特に2匹め以降は、病気の場合や他の子への感染もあります。
健康診断とミミダニの検査はしておいた方がいいです。

フェレットは上手に病気を隠すので、
ベテランの飼い主でも、見逃して手遅れになる場合があるのです。
年に一度は予防接種と、健康診断に行った方が安心です。
3、4歳からのフェレットは最低一年に一度か
半年に一度の健康診断をすると
病気の前兆をみつけることもあります。



ジステンパーの予防接種
ワクチンは?
フィラリア予防って?


どれも義務ではありません。
飼い主さんが
決めることです。


ジステンパーの予防接種

☆体調のよいときにうけましょう。
風邪や下痢などしていたら、避けてください。
犬よりはフェレットの方が感染しやすいとも言われてます。

後、フィラリア症にも稀ですが
かかることがあります。
蚊の多い環境の場合は
薬を飲んだほうが安心です。

日照時間は規則正しく
日照時間の狂いが、副腎疾患になる一因でないかとも、
言われてます。
一日中、暗い場所は不向きです。

日光浴は野生のイタチも少しはしているのではないかな?
同じ哺乳類ですから、おひさまにあてるのもよい気がします。
真夏日の暑い日は不向きですが、
うちは秋には、窓越しに陽の当る縁側にケージを置いて
ひなたぼっこを寝たままさせてます。

日向ぼっこは、そんなに絶対に必要というわけではないので。神経質にならなくてもいいですよ。


フェレットのシャンプーとリンス


必ずフェレット専用シャンプーやリンスを使います。
シャンプーリンスの一緒のものが楽です。
フェレットは肌がデリケートなので、
人間用や他のペット用のものは
使用しない方が無難です。
体調のいい、暖かい日に入れましょう。
二週間に一度が目安です。
毛の生える変わり時期に、シャンプーするといいです。
毛球症の予防にもなります
こまめに洗ったら、逆に臭くなったり、皮膚が傷つきます。

シャンプーリンスは皮膚がデリケートなので
フェレット専門のものを必ず使います。1200円くらいからあります。
はじめは嫌がりますが、そのうちにフェレットも慣れてきます。
暴れるようなら、首根っこを持って噛みつかれないようにしよう。

注意 

最初にフンや尿をさせておきましょう

石鹸は食べることがあるので、先に避けておくこと

ガス風呂の浴槽にフェレットの入るくらいの穴がある場合は入     

ると出てこれなくなるので注意して。



☆手洗い場が結構簡単で立ったままでできるから、楽です。洗面器を置いてもいいですよ。


洗い方

タオル、シャンプーや桶などの用意


ぬるいかなと思うくらいの温度で
ゆっくりと足からつけていきます。


シャンプーを手に取り、なじませてからつけて
首からお尻に向けて洗います。
手足、尻尾、最後に耳や目に、
水が入らないように、顔を洗います→よくすすぎます


上から下へと、軽く絞ります。
手を離すと、ブルブルを自分でします。


フェレットにはドライヤーは使いません。
タオルでしっかりふきとります。
しっかり乾いたら、ケージに入れましょう。

●浴槽に入れての、入浴はしないように。
フェレットは泳ぐけど、凄く恐がってしまうはず。
放っておけば、おぼれます。


歯みがきをする
小さなときから、歯みがきの習慣をつけておくと、後で楽です。
マーシャルの歯磨き粉もあります。
人間用は使用してはいけません。
一才くらいのまでは、清潔な指やメンボウを入れて
歯磨き粉をわずかにつけて練習します。

二人でするのが簡単だと思います。
ひとりが、首根っこを持ち、ダラーンとさせて腰を支えます。
もうひとりが、口角のあたりのつぼを押して、
あくびをさせま、歯みがきします。

歯石を除去する歯科で使う器具も、ペット用で売られてますが、
素人では傷をつける可能性もあります。

歯石が心配なときは
予防接種や健康診断のときに
病院でしっかり、みてもらうと安心です。

炎症がある場合は、獣医師に相談して、
麻酔をかけてとる方法もありますが、信頼のおける病院でして下さい。
何かの手術のときに、ついでに
とってもらっても良いかもです。

そんなに神経質にならなくても、猫みたいに20年も生きることはないので、
歯石は殆ど大丈夫なことが多いようです。

口臭があれば、必ず病院で受診してください。


散歩

基本的にフェレットに散歩は必要ないです。
逃げ出したり、事故にあったりなど実際にもあります。

それでも散歩に行きたいというなら
フェレット用のリードをつけて、抜けてとれないか
お部屋で確認して
必ず涼しい季節に出かけましょう。
冬場、夏場は散歩は向きません。
暑さに弱いので、すぐ座り込みます。
熱射病に気をつけること。
目的地までは、かごに入れておくといいです。
まあ、殆どの子は恐がって歩かないし
肩からおりないと思うけど。

●犬の糞尿のある電信柱などには
 近づかないこと。
●山はダニがつくかも
category : フェレットの飼い方 

フェレットの飼い方4
フェレットの飼い方 4

夏 ケージを涼しくする

☆ペットボトルに水を入れて凍らせる。

ペットボトルのまわりのナイロンは誤飲のもとなので
はずしておきます。
四角いものが転がらないから使いやすいです。
私はそれを枕カバーに入れて丸めて、
ケージの隅に置いて固定してます。
包むものは、誤食の場合もありますので、
気をつけること。
☆濡れたタオルをケージ上に置き、
扇風機をかけて気化熱を利用する。
風はフェレットに直接あたらないようにします。
扇風機などは、フェレットには汗腺がないので、涼しくないですが
お部屋の換気にはなるので、窓を開けて風を送りましょう。
風や、クーラーの風が直接あたらないところに、
ケージをおきましょう。風邪を引きます。

30℃以上になると、熱射病の危険もあります。
息が荒い場合は、熱射病です。ただちに水で濡らしたタオルで体を冷やします。
ゼリー状のものは、噛んだり食べるといけないので、使用しないこと。

30℃以上の場合は、お部屋にクーラーが必要になると思います。
ベビーや高齢フェレット、病気のフェレットは特に温度管理が大事です。


冬 ケージをあたためる

寒い地域や、冷え込みのきつい時期は、暖房器具が必要です。

ダンボールなどでケージを包む。誤食に注意。
毛布などでケージを包む。誤食に注意。
寒い場所は小動物用のペットヒーターを使用。

床とケージの間に、人用のヒーターを置く。
ハンモッグを冬用にしよう。ペットショップにもあるし、
手作りもいいです。厚い生地で作りましょう。ただし誤食に注意。
(ぬいぐるみの毛、ボアは毛が喉に引っかかります)

0℃でも生きていますが、
ベビーや高齢フェレット、病気のフェレットは肺炎になることもあり、
特に温度管理が大事です。


毛球症の予防は 必ずしましょう

毛の生える変わり時期に、シャンプー、
ブラッシングをすると効果的です。
ケージなどの掃除はまめにしましょう。

換毛期には、フェレットラックス(ラクサトーン)を
ティースプーン1を週に2日くらい与えると、予防になります。
体内の毛玉を油を食べさせて、つるんと出しやすくするもので、栄養などはありません。
沢山あげると下痢をすることがあります。量は調整してね。

食間(フードとフードの間)にあげてください
高齢フェレットはもっと頻繁にあげます。

猫のラキサトーンも代用できますし、動物病院で購入できます。
流動パラフィンや白色ワセリンが主ですから、
要は潤滑剤です。胃の中で毛球が硬くなる前に、
オイルで出やすくして、フンと一緒に出すというアイテムです。
食べさせた後は、ラックスの油分の成分が原因で、
ゆるいフンをします。
その後は普通のフンに戻りますので、心配はないです。

【注意点】
・一才を過ぎてから急に与えはじめる場合には、毛玉が溜まっていないかを
獣医師に確認してからあげます。
触診でフェレットに手馴れた獣医師にはわかりますが、
そうでない場合はわからないことが多いと思われます。
毛玉が既に胃にあり固まっている場合には、毛玉が大きくなるので
あげないで下さい。

・毛玉とりをあげていても、毛玉がたまりやすい子もいます。
胃腸の弱い子は特に、毛球症になりやすいです。

・食間にあげましょう。エサの後や前はあげないことです。
・サプリメントや薬は、一緒にあげないこと。

・フンから毛の固まりが出てきたことがある子は、毛玉がたまりやすい子です。
換毛期はこまめにあげてください。


病院を選ぼう

まだまだ日本では新らしめのペット、フェレットなので
フェレットも診ますと、言われている獣医でも
ちゃんとフェレットを診察できない獣医も多いです。
予防接種しかできない獣医もいるのです。
事故や病気の多いフェレットなので、
いざというときに、診れないでは手遅れになります。
なので、ちゃんとフェレットのことを勉強している
フェレットの飼っている人たちの良く行く、評判のいい獣医師を探してください。
犬や猫しか診れない(犬や猫も診れない)獣医師もいるのです。

*こういう獣医は気をつけよう
フェレットはみたことがなく、犬と猫が主な病院
いつ行っても空いている病院
フェレットの手術と治療の経験が殆どない獣医師

フェレットが得意ではない理由は、大学でフェレットのことを詳しく習わないからです。
つまり個別に熱心に勉強していなければ、診れません。

*病院を選ぶには
フェレットの手術と治療に詳しい、
フェレットをたくさん診ている病院を選ぼう。
経験も豊富な分、安心です。
待合室に別の患獣のフェレットがいつもいる。
(フェレットをちゃんと診れる専門の獣医師はかなり少ないし、
フェレットのペット数も増えてきています。
しかも病気の多いフェレットなので、
待合室に、別のフェレットがいるはずです)
○信頼できる獣医師と病院
○良心的な診察代であること

●私の場合、フェレットをちゃんと診れる獣医は、
近所にないので、
どうしても行き帰り往復時間が、車で3時間前後になりますが、
信頼のおける病院、獣医師が何より安心です。
遠いけど、それも仕方ないと思ってます。
県外からも、やってくる患獣さんもいるくらいです。

祝日や日曜日などお休みの日があるはずです。
救急のときにもかけつけられる病院も探しておくといいですね。

●ひとつの病院で診てもらったからと
安心するのではなく、
別の病院でも診察してもらうということもよいかもです。

口コミが一番いいです。
ヒバフェレットさんのBBS、エリア版で聞いてみては。


◎フェレットの病気の原因に
人のキスからうつる可能性の高い病気があります。
それは
リンパ腫→癌
脾臓肥大になることがあります。
どちらもなってしまったら、フェレットさんが苦しむことになります。
少しでも可能性あるのなら、まずしないように。

category : フェレットの飼い方 

フェレットの飼い方3
持ってはいけないところ



耳をつかまえて引っ張ったりする
前足、後ろ足を、掴む
尻尾をつかまえる 持って振り回す(お子さんに多いです)
脱臼、骨折のおそれがあります

首の後ろ側の皮を持つのはOKです(猫つかみ)
爪きりとか耳掃除をひとりでするときは、便利です。




お部屋に出して 遊ばせる


小さなお子さんや、赤ちゃんのいるお宅は、
フェレットが噛みつくことがないとは、いえませんので、
フェレットから離してください。
小学生になるくらいまでは、目を離してはいけません。

コード齧るの大好きです。感電など気をつけること。

高いところも平気で上りますが、下りることはできません。
カーテンなど上にのぼる子がいる場合は、目を離してはいけません。
のぼらない工夫をしましょう。
もし落ちたら、骨折もありえます。

窓やベランダからの落下など気をつけましょう。

戸棚も引き出しも、筆箱などの開け方まで、学習することがあります。
タンスなどはしっかり閉めておきましょう。

コンビニ袋はフェレットが中に入って遊ぶの、大好きなんですが、
持ち手の部分は首に巻きつき危険なので、
カットしておきましょう。

歩いているときに、フェレットを
誤って、踏まないように。
子どもや、フェレットに慣れていない来客は、特に気をつけてください。

冷蔵庫や洗濯機の下など、入り込む場合は入れないようにしておくか、
その部屋で遊ばせないようにしましょう。
キッチンのコンロ、冷蔵庫や洗濯機のあるところに
フェレットを入れるのは、火傷や感電事故や巻き込まれての
事故死の危険があります。

★外では好きなところにフン尿します。
ケージの扉は開いておき、戻ってするようにします。
お部屋の隅など気をつけてみてください。
ストレスがかかっている場合も、トイレをはずすことがあります。


お部屋の掃除は
こまめにしよう フェレットもアレルギーになります。
慢性化した咳が止まらなくなったり、目が赤くはれ上がることもあります。
その殆どの原因は、ハウスダストです。
床上を歩くフェレットにはホコリ、チリ、ダニの死骸などは天敵です。
タンスの裏など、特にあまり掃除をしないところは気をつけましょう。
掃除中は、フェレットは別部屋に移しましょう。(ベランダには夏出さないこと)



フェレットが入れる動物保険もあります


動物保険も入れます
アニコムはベビーから6歳前まで入れます。
条件はありますが、半額が出ます。
http://www.ani-com.com/

ペット ライフ ジャパンは生後4ヵ月~4歳11月まで
http://www.pethoken.com/index.html

誤食の手術と入院(6万~10万ぐらい)
癌の手術と入院(5万くらい~20万くらい)

「日本アニマル倶楽部」
年齢制限がありません。
http://e-ykf.com/pet-kyousai/

★「フェレットMY銀行積み立て」もいいですね。





何を食べるの?

フェレットフードが良いです。

フェレットのプレミアムフードのミックスや
鶏肉ミンチ、たまごをあげている人もいます。

*スーパーで売っている感じの、日本製キャットフードは
栄養分も不足しますし、着色料、防腐剤が気になります。
長期あげていると、病気になる可能性が高くなります。
ドックフードや犬や猫のおやつなども、
あげてはいけません。
水はきらしたりしないように、毎日新鮮な水をあげましょう。
フェレットは水をよく飲みます。
カルキの入った水はできればあげない方が良いです。

エサは切らさないように置く、置きエサか、
一日ニ回食べたいだけあげるか、どちらかです。
置きエサは一日に一度は残りを全て破棄し、
新しいものを入れ替えます。
肥満のフェレットは、
一日朝夕あげるのがいいです。
(肥満フェレットは背中から触って
背骨や肋骨がわからない子は肥満です)
置きエサの場合、だらだら食いなので
結石になりやすくなるとも言われてます。
どちらがいいかは、あなたが決めてくださいね。

●ちなみに、うちはクンは一日2回です。ずっとこれでやっているので
習慣になっているのかな?
凛は置きエサです。最近少し太り気味かもしれない。



フェレット用のおやつやバイトなど売ってますが、必要ありません。
甘いものは虫歯などの原因になります。
野菜や果物は、フェレットは盲腸がないのでこれらを
消化することができず、胃腸の負担になります。
おやつとして市販されているものなど、
おやつをそれでもあげたい人は、量を極力減らして下さい。
たくさんあげると、下痢をします。

サプリメントもフェレット用のものもあります。
たくさん使うと、負担になります。
病気のときは、獣医師に相談してみてね。
       



ケージ選び

フェレット用の大き目のケージがベストです。
ウサギ用だと網が硬すぎるので、
歯が折れたり、曲がったりします。
ぶつかったりしても、痛くないようにしてあります。
フェレットは脱走の名人なので、
抜け出せるものは不適応です。
色んなアイテムを入れるようになりますから、
できれば、大き目がいいですね。
フェレットはお尻を上げてフンをするので、
網の低いものは、フンがそこについてしまいます。
掃除しやすいものにしよう。

2階立てを、1階にもできるケージもあります。
高齢のフェレや、インスリノーマの子、ベビーのときに
使用するといいですね。。

爪が挟まり折れることがあります。
ケージの引っかかる場所は、
引っかからないように工夫しよう。
下のすのこや、金属の網などは絶対に外しておこう。
すのこは骨折の元です。
下に金属の網を置いておくと、そのうちに
肉球が荒れて膿みます。

新しく入れるときは、最低一日は
近くで様子をみていましょう。
家にいるときに様子をみてみよう。
新しいケージで足を挟み動いて骨折する
という事故もあります


ケージの中には、誤飲の可能性のあるものは
入れてはいけません
ペットシーツ、タオル、ぬいぐるみ、
新聞紙なども噛み齧り食べます。
口に入るものは、何でも食べると思ってください。
フェレット用のハンモッグも
齧るようなら、食べる危険があります。ただちに外に出して、
別のものにしてください。


ケージに入れるもの

トイレ-フェレット用あります。
三角のよりは少し大きめな四角のものが使いやすいです。
トイレ砂-おからの砂が食べても安心です

ハンモッグ-フェレット用あります
二つあると洗い替えにります。
齧ったりしていたら、すぐ出してください。
誤食することがあります。

エサの容器-いろいろあります。
使いやすいものを使って下さい
重たくて安定のあるものが使いやすいです。

水入れ-使い切ったペットボトルを逆さにして
取り付けるものが便利です
苦手な子もいます


私の場合はハンモッグは夏用のメッシュのものに、
季節に合わせて、
綿生地で縫って作った正方形のものを
結束バンドで四箇所固定してます。
冬はポリエステルのフリースを正方形に袋状に
重ねて縫ったものを、
同じく上から結束バンドで固定します。
(ヒモは齧ることもあるので、結束バンドにしました)


●中にはトイレや食器をひっくり返したりするこもいます。
遊びのひとつなんですが、困りました。
色々試しているうちに、どんな食器でもひっくり返すんですね(笑)
色々試して、最後はネジで取り付けることのできる容器にしました。

トイレはクランプで二箇所固定をしました。
(クランプはしっかりと動かないように、
固定すること。動くと入り込んで危険です)


category : フェレットの飼い方 

フェレットの飼い方2
相性のいいベットは?
悪いペットは?


フェレットは元々肉食獣なので、
エサにしていたもの(捕食動物)
うさぎ、リスなど、ハムスター、ネズミ類、鳥類、ヘビ、
カエル等の爬虫類や両生類や、昆虫は別部屋で飼いましょう。

これらは同じ部屋で飼うことは絶対に止めて下さい。
フェレットには狩猟本能があります。
捕食動物のストレスを考えてみてください。
フェレットは現在も狩りに使われているくらいです。
気をつけていても、大丈夫ではないです。
命の保障はありません。

金魚やカメ類もつついて遊ぶ可能性あります。
別部屋でも、フェレットは賢いので
逃げ出したりしないように気をつけましょう。
とにかくパワフルなフェレットです。
アメリカではフェレットが牛を殺したという話もあります。
子犬や小型犬、仔猫、フェネック等も危険です。

いつも仲良く犬と遊んでいたので、大丈夫と思ってたら、
犬が突然噛み付いて出血多量で病院へ…
という話しも聞いたことがあります。
犬も全てではないですが、仲良くできる場合もあります。
でも注意は必要です。

とにかく最初は、目を離さずに、ゆっくり様子をみてみましょう。
仲良くなるというより、同じ空間を共用できるかどうかは、
やってみないと、わかりません。

最も相性がいいのは、画像でもよくみますが、猫ですね。
仲良くなれるかどうかは猫さん次第です。
用心深く、神経質な猫は、フェレットを警戒するはずです。
元々誰にでもなつっこい猫は
フェレットと遊べる確立高いかもです。
猫ベビーも一緒に同じ部屋で育つと、良い遊び相手になることもあります。
猫もベビーのうちは気をつけましょう。

●とにかく目を離さない方がいいです。
うちのフェレットは猫のお尻に噛みつきました〔泣っ〕
手加減はしてありました。
猫の反撃、威嚇と猫パンチで
そのうちに、噛み付かなくなりましたが。

もう一匹の猫はフェレットに追いかけられて
なんか楽しそうです♪




飼い方3に続きます

category : フェレットの飼い方 

フェレットの飼い方 1
フェレットの飼い方です

あくまでも、私流なので、その通りにはいかない場合もあるはずです。

アイデアのひとつだと思って読んでみてくださいね。



まず、どこで飼うのか?


室内です。
野生動物ではありません。
ペット化されて長いので、暑さにも寒さにも弱いです。
できればストレスのかからない、
静かな落ち着く場所に置いてあげてね。
テレビの横とか玄関もベランダも×です。
夏場直射日光のあたるところも×換気の悪い場所も×。
湿度の高過ぎるところも×。




フード選びと
新鮮な水をあげよう


最近はフェレットフードも沢山出ていて、迷いますよね。
何が良いとは言えないですが、まず、
防腐剤の少ないもの→癌になる可能性があるので
防腐剤はビタミンCのものが安心です
鶏肉が一番多く入っているものなど
  

水は毎日交換しましょう。エコボトルをつけている場合は
ちゃんと水が出ているか、水を飲む量を毎日みてみましょう。
水はフェレットの健康維持に、とても必要な大切なものです。
たくさん飲んでいる場合も要注意です。病気が隠れていることがあります。
水の量はまさに健康のバロメーターです。


フェレットが原因で
アレルギー症状?…



フェレットが本当に原因なのか?

フェレットの毛に付着した化学物質を、
人体に吸い込むことでアレルギーを起こすようです。
動物用のシャンプーが原因の可能性もあります。
自然素材だけの人用シャンプーやベビーシャンプーや
品質の高いフェレット専用シャンプーに
かえて洗ってあげてください。
これで改善された例がかなりあるそうです。

動物アレルギーも、飼っていたり
何度も接触して慣れたら
アレルギーが出なくなったというのも、
聞く事があります。

医師等に相談してみましょう。

*フェレットを飼ったので、
アレルギーになったわけではありません。
元々アレルギー体質なので、
たまたま反応したのがフェレットだったというだけです。

●私は鳥さんアレルギーがあるので、ペットショップに行くと
目がかゆく赤くなりますが、長い期間インコを飼っています。
命に関わるような喘息持ちの、フェレットアレルギーの人には、
フェレットはおすすめできません。
アレルギーが軽いなら、寝室などを避けて、別部屋で飼うなどしましょう。




温度・湿度


フェレットは、0℃以下でも生きてますし、
夏場も換気してあるなら室温が30℃でも生きてます。
フェレットは体感温度が、+10℃といわれてますので、やはり暑がりですね。

わたし的には、フェレットにもよりますが、
心地よい温度は  冬  15℃以上
            夏  25℃くらいまで

エアコンは場所にもよります。
人も我慢していたら凍死するくらい寒いところ、
東北とか、北海道は冬場必要です。
夏は30℃以上になるお部屋はクーラーが必要といわれてます。

幼少期を除く、若いフェレットは低い温度も、高い温度も
徐々に下がったり、上がってたりする場合は、慣れてくるようです。
閉め切っているお部屋も、ベランダなども
熱射病の危険があります。

複数のフェレットが居たときは、
冬場は体温であたたかいようです。

湿度は気にしたことがありませんが、
梅雨の時期は、除湿をよくしてます。






事故は未然に防ぐこと



フェレットの事故はとても多く、命に関わることも多いのです

一番多いのは、誤飲です

 
 家の中での事故が一番多いです。
フェレットは好奇心旺盛で、悪戯好きなので、
危険なものを全て排除し、ケージから出したら、
必ず目の届くところで遊ばせましょう。




煙草の注意点

フェレットは気管支も弱く、咳き込んだりしますから、
この際なので、禁煙されたらいいですね。
といいたいところですが(笑っ)

同じ部屋で吸うのは、絶対にしないで下さい。
副流煙はとても、身体によくないです。

車内もフェレットがいたら、絶対に禁煙にして下さい。

もちろん食べても危険ですので、灰皿放置はやめましょう。



飼い方2へ続きます
category : フェレットの飼い方 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。