フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

副腎疾患の検査
副腎疾患の検査と手術と対症療法


副腎疾患では、どんな検査をしますか?

 
まずは視診(目でみる)
触診とエコー(超音波検査)です

触診は、副腎を皮膚上から触わります。

エコーは、副腎の大きさと形をみます。

血液検査によって<血中ホルモン濃度>を測定することもできますが
検査は外部機関に依頼し、費用もかかります。
(実際の治療にどうしても必要ということもないです)

一般的な検査をすることもあります
基本的な血液検査やX線検査(レントゲン)など

レントゲンはインスリノーマ・リンパ腫・肝疾患・腎疾患などを
併発していないかを確認するためです。

また、メスの外陰部の腫れが副腎疾患か
卵巣の取り残しであるかわからないとき、
ホルモン注射を打ち、おさまらなければ、副腎疾患となります。






 治療方法は?

手術と対症療法があります

 副腎疾患そのものを根治するなら     
      ↓
副腎を手術で摘出するしかありません

副腎は左右ふたつありますから、片側の副腎を
摘出しても生命活動を維持することはできます。
片側の副腎摘出の手術が多いようです。

手術は早ければ早い方が体力もあり良いです。
副腎の大きさによって決めることが多いようです。

副腎腫瘍の場合その殆どが、過形成、良性であることが多いです。
副腎疾患の悪性腫瘍<癌>は
120匹中2匹であったというデーターがあります。



対症療法

 年令や他の病気の併発などの理由で手術を受けられないか、
手術を望まない場合には
対症療法としてホルモン剤の一種
(武田製薬「リュープリン(酢酸リュープロレリン)」)を注射することができます。
現在のところ、リュープリンは副腎の病変そのものを
改善することはないと考えられていますが、
少なくとも性ホルモンが過剰に作られるのを抑制します。

副腎疾患による脱毛は、かなり高い確率で完全に回復します。
また、ホルモンバランスの崩れがなくなり、体が楽になると考えられます。
オスの前立腺の異常による排尿障害も改善がみられることが多く、
そうすればフェレット自身も、膀胱炎や尿道炎などによる不快感や痛み、
全身倦怠感、命の危険から解放されるでしょう。

リュープリンは高額な費用がかかります

同じ治療を受けているフェレットが
集まっている動物病院でなければ注射が受けられません。
フェレットの来院が多い動物病院でも
一回の費用は一万円以上と、かなり高額になります。

また、リュープリンは1ヵ月に1回の注射が基本です。
効果が1ヵ月間持続するように作られています。

リュープリンは人間用としても歴史の浅い薬で、
フェレットへの作用や適量も
完全にはわかっていません。
フェレットでは人間ほど副作用は出ていませんが、
副作用がないという保障はありません。



フェレットの副腎の切除の手術は
よく話し合って、理解した上で
手術のリスクなども考慮した上で
手術の経験の豊富な
獣医師に任せるのが適切です。
不慣れな獣医師による手術ミスで
なくなったフェレットさんもいます。





日本フェレット協会HP
http://www.ferret.gr.jp/disease/struggle/adr_02.html


category : 副腎疾患について 

副腎疾患の主な症状
副腎疾患の主な症状

副腎疾患の主な症状は

脱毛→薄毛で病院を訪れる人が一番多い

気をつけなければならない症状は

○ メスの貧血

○ オスの排尿(便)疾患



メスでは外陰部の腫れでわかります。
抱いたついでにみてみましょう。
腫れている場合は放置していると
ホルモン異常でエストロゲン貧血と同じような貧血になり
かなり危険です。


オスの排尿(便)疾患
尿を小出しする
尿の出が悪い
逆に溜めた量の多い尿

前立腺の一部がが膨らんで尿が出にくくなる
   ↓
尿が長期間留まることから
   ↓
膀胱炎
尿道炎が起こりやすくなる



☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’☆。・:*:・゚’★,。・:*:・’



排尿・排便障害
 
尿が溜まって膀胱がぱんぱんになる
    ↓
腸管が圧迫されて
     ↓
排便障害が生じることもあります。
これらが重なり、尿や便が完全に止まってしまうと
たいへん危険です


排尿(便)の様子をみる

尿を小出しする、尿の出が悪い
逆に溜めた量の多い尿

便が不自然に細かったり、
ぷつぷつと細切れになっていたら要注意です


力んでいたり、痛そうに声をあげたりする
トイレに行って、尿や便が出ていない場合は
命に関わりますので
病院へ至急行きましょう。


泌尿器の炎症の治療や、
溜まった尿の応急処置によって改善します。

フェレットの♂の前立腺には
リュープリンが効果が出る場合もあるようです。


オスにおける前立腺疾患は
早期に異常な副腎を摘出できれば改善できます。



参考HP
日本フェレット協会
http://homepage3.nifty.com/elfaro/diary/Frameset-ferretAT.htm
http://www.ferret.gr.jp/disease/struggle/adr_02.html


エキゾチックアニマルの診療ノート
http://exoticlabo.blog63.fc2.com/http://exoticlabo.blog63.fc2.com/?no=18
category : 副腎疾患について 

副腎皮質機能低下症

副腎皮質機能低下症 


副腎皮質機能低下症は副腎腫瘍にとてもよく似た症状です。
副腎腫瘍は高齢によく見られる病気ですが、副腎皮質機能低下症は
若齢のフェレットにも急性に発症することがあります。



副腎からのホルモン分泌が減少することによる各種の異常。

症状としては、食欲減退、嘔吐、腹痛、体重減少
ぐったりしている、血糖値が下がって急に倒れる、
脱水などが代表的である。最初はよくなったり
悪くなったりする経過が特徴で、
ストレスがかかったときに発症しやすい。
副腎皮質の90%以上が破壊され、激しい症状が起こり、
平常時でもホルモン不足による、様々な症状がみられるようになる。


【症状】

ぐったりしていると、診察にいくことが多い。
元気がなくなります。
よく寝る・無気力・倦怠といった症状が見られます。
食欲不振となり、体重が減少します。体重減少、脱毛。
ときどき嘔吐や下痢がみられ、下血することがあります。
急性のものでは、突然のショック、激しい筋肉の虚脱を起こし、
昏睡状態になることもあります。また、除脈(脈拍が遅くなる)も見られます。
骨や筋肉が弱くなる。
呼吸が荒くなりすぐ疲れるようになる。
皮膚が弱くなる。
感染症に弱くなる。



この病気が疑われるときは血液検査を行い、
血液中の副腎皮質刺激ホルモンや
副腎皮質ホルモンの濃度の測定を行なうことで診断を確定します。

   

参考HP
http://www.ferret.gr.jp/disease/adr/adr_01.html
http://www.ferret.gr.jp/disease/vet/vet_01.html
http://www.kurata-ah.com/
http://www.kichijoji-pet.com/kenkou.html
http://exoticlabo.blog63.fc2.com/blog-entry-17.html
http://www.noda-vet.co.jp/

category : 副腎疾患について 

副腎疾患とリュープリン
副腎疾患



フェレットの副腎疾患についてですが、
すべてが同じものではなく、種類が幾つかあります。
フェレットの副腎疾患には、
統一された名前がありません。

大きくこの三つに分類されます。

 副腎腫瘍 二つの副腎のどちらか、また両方が腫瘍化すること
1良性→副腎腺腫→副腎皮質腺腫

2悪性→副腎皮質腺癌

3 副腎過形成⇔副腎皮質機能低下症

それ以外にも、副腎内に腫瘍ができる場合もあります。

割合は文献によると副腎疾患の割合は、
過形成45%、癌45%、良性腫瘍10%です。
良性が多いのではなく、過形成+良性で、55%。
悪性は45%

副腎腫瘍の疑いでの手術では、良性が多いと言われています。
悪性の場合は、むしろ薄毛や外陰部の腫脹などの
ホルモンによる諸症状があまり見られない場合が多い。
悪性腫瘍となることでホルモンの分泌能力が
減弱するのではないかと考えています。
以前に見られていた副腎腫瘍特有の諸症状が
いつの間にか消失した場合には、
決して安心せずに診察を続けることが大事です。
感染はしません。

症状
下記のすべての症状がでるわけではないです。雄雌で違いもあります。
腫瘍であるか、ないか、良性悪性でも異なります。

・掻痒 (30%以上に見られ体幹背側で多く認められる)
・削痩 (四肢や上半身の筋力低下)
・肥満 (下顎の両側や下腹部の脂肪蓄積)
・皮膚が薄くなる
・徐々に痩せる
・陰部腫大♀のみ (避妊♀の50%以上に認められる。漿液粘性の分泌物が見られることもある。
・乳頭の腫大
・乳腺腫
・子宮断端腫 (陰部腫大、頻尿、排尿困難がみられる) 子宮の取り残しとは別です。
・子宮蓄膿症♀のみ
・行動の変化 (嗜眠、攻撃性)
・体臭の変化 (皮脂腺の分泌が亢進し、体臭の増加、被毛粗剛、べたつきが起こる)
・つやのない乾燥した毛並み
・首や背中に強いかゆみを伴ううろこ状の皮膚
・前立腺が腫大で排尿困難(♂のみ)、尿が出にくくなったり、膿尿が出る。頻尿 失禁 排尿困難 
 発情行為
・前立腺が腫大で便が細くなる  前立腺が腫大して圧迫されて細くなる。
・多飲多尿 (稀)
・貧血 ♀に多いが♂にも起こりうる (エストロジェンによる骨髄抑制)
・脾臓の腫大(フェレットは病気をすると、この傾向がある)

*繁殖季節である長日環境(春から夏)で悪化、短日(冬)で改善する傾向がある。


脱毛をしない場合もある。
尻尾のみの場合は副腎疾患でない場合も多い。
薄毛になった後に、
少ししてまたはえてくることもある。
脱毛のみで病気の判断はつかないが
左右対称で、尻尾から頭にかけての、
脱毛は副腎疾患をまず疑います。

【発症年齢】
多くは1才~7才くらいで、平均が3.5才。
オスよりも、避妊しているメスにやや多めである。

症状と身体一般検査(触診)でほぼ予想がつきます。
血液検査では併発症の検討を診ます。
インスリノーマとの併発が多いです。
インスリノーマ、リンパ腫、心筋症等を併発していると、
手術不適応となる場合があります。

レンドゲン検査では副腎1cm以上でわかる。
副腎からみると感度の良い検査でない。
副腎2cm以上なら触診でもわかります。
レンドゲン検査は脾臓腫大
心筋症の診断など併発症の診断には有効です。

84%が片側性で 左副腎が84%、右副腎が16%とされています

副腎が大きくないときで、副腎疾患の症状ある場合は、
リュープロレイン〔リュープリン〕の投与が好ましいです。
対症療法なので、病気が治るというわけではないですガ、
病状の改善が見込まれます。

副腎疾患の症状を抑えるのに効果あり、
その投与量は1ヶ月型は100~500ug/hといわれている。
4回目投与により臨床症状の良化であった症例もあります。
リュープロレインは高価な薬品です。
しかしすべての症例に有効な訳ではありませんし、
副腎疾患が完治するものでもありません。

リュープロレインは、ホルモン異常による
諸症状は良好に緩和されます。
副腎腫瘍の直接の治療ではないです。
脱毛が治ることは、有名ですよね。

リュープロレインは何回か分が、一本になります。高価なものですが
何よりも、最良だと言われています。

元々。米粒くらいの大きさの
(正常では直径が3ミリから4ミリ程度)副腎が
5mm以下 内科治療
5-7mm 内科治療 
7mm以上 手術

他の病気の併発や、高齢で手術に耐えられない個体は
手術が困難で、内科治療になります。
(中には手術経験が殆どないためにリュープレインを薦める
獣医がいる可能性もありえます。
別の病院でも診てもらうことも、必要かもしれません)

術後の転移は滅多にみられません。

リュープリンが効きにくいということは、
それだけ腫瘍が大物であるといえます。
臨床症状は時期などにもよりますが、
約1ヶ月~3ヵ月くらいで改善するが
2年程で効きにくくなることが多いようです。
それは腫瘍が強大になるからです。




  
参考HP
http://exoticlabo.blog63.fc2.com/blog-entry-17.html
category : 副腎疾患について 

副腎腫瘍のケア
副腎疾患とインスリノーマと、リンパ腫は
フェレットに普通に多くある病気で、併発することも多いです。
まずフェレッとは短命なので、
4歳過ぎたら、高齢フェレットの仲間入りを
したと思って下さい。
病気になりやすくなります。
おかしいなと思ったら、血液検査をしてみましょう。
早期発見ができる場合もあります。


高齢フェレットで副腎腫瘍を患うフェレッとは半数以上、
副腎を患うことで、ホルモンバランスを崩して
インスリノーマになりやすくなるので、副腎の悪い子は
注意が必要ですし、インスリノーマのことも、簡単でいいので
頭に入れておくと良いですね。

副腎腫瘍は殆どが良性の癌です。(悪性の場合もあります)
副腎の触診でもわかるくらい、急に大きくなったときは
悪性の可能性もあります。

外科的な手術+内科的治療が一番長生きのできる方法になります。

月に一度・リュープリン(一万円以上する高価な薬です。
アイコムの保険も適用できます。
保険は病院によって異なります。取り扱っていない場合もあるので
電話で確かめてみましょう)
一番効果のあるといわれているのが、リュープリンです。
リュープリンというホルモン剤の注射を月1で行うことが
現在の最良の方法になります。
脱毛がある場合は、毛がはえてくることが多いです。
人の場合でもアレルギーを起こすことがあるので
注意して使用して下さい。
フェレットにも体のほてりや、注射の後が腫れたりなど、時々あります。

効果はだいたい三ヶ月くらいで出始めます。
腺が悪性の場合は効果がないとされている。
リュープリンも二年くらいすると効きにくくなることが多いようです。

リュープリンは動物保険にはいっていない場合、
1年以上続けるなら、手術しても金額的には
そんなに変わらなくなります。獣医師と納得がいくまで話をしてみましょう。

病院の投薬となると、人間でもそうなんですが、
体からビタミンなどが減っていきます。
元々不足がちなビタミンを奪われているのですから、
感染症などにかかりやすい環境にあるのです。
なのでビタミン・ミネラルなどが入った、癌の専門医が、
人の癌治療にも使用しているという、
フェレットの為に作られた
「ナルヘソ」というサプリは(ベストイン、プラスC)
普段から、健康のためにあげると良いようです。

副腎疾患を軽く疑うなら、ベストインが良いでしょう。

ナルヘソ「副腎トラブルセット」にも入ってます。
まとめての効果が期待されます。
男の子用と女の子用があります。

食の細いとき 
ウォルサムの免疫サポート
犬猫には不評だけど、フェレットには好評のようです。
 
 
category : 副腎疾患について 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。