フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

毛球症
毛球症

 毛がたまって毛玉になり胃につまることをいいます。
ネコは吐き出すこともできるし、フンからもよく出ますが、
フェレットは吐き出すことができませんし、フンからもわずかしか出ません。
中には、毛玉を吐く子もいます。普通は吐かないです。
ですから、換毛期にはラックスやラクサトーンで予防が必要です。
品切れもありますので、二本くらいは常備しておくと安心かもです。
ショップにない場合は、ネットで購入しましょう。
動物病院には「猫や小動物にも使う、ラキサトーン」というものが
必ず置いてあるので、もらっておくといいですよ。
 なお、高齢フェレットは、毛が溜まりやすいので、
もっと頻繁にあげます。

 予防をしていても、毛玉がたまることはあります。
たまりやすい子もいるので、そういう子は換毛期は
毎日1㎝~2㎝あげて下さい。

触診でもわかるそうですが、
フェレットに詳しい獣医師でないと、わからない場合も多々あります。
レントゲンでは毛なのでうつりません。
バリュームを飲んで、4時間おきにレントゲンをとります。
バリュームが毛に付着して残っているものも、レントゲンでうつります。
大きな毛玉があるとわかった場合は、毛球取りのラクサトーンなどでは
出すことができないので、使用するのは絶対にやめて下さい。
毛玉がもっと大きくなります。
 毛玉が大きくなると胃を傷つけて血便が出たりすることもあります。
腸に入って詰まったら、ぐったりとしてしまいます。そういう場合は早めに
開腹手術が必要になります。

毛玉が胃につまり、病院ではっきりとせず、手遅れになることも
よくあります。
category : 毛球症 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。