フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

コクシジウム
コクシジウム

コクシジウムとは
腸内に寄生する原虫です。
そのまま放置していると、死亡します。

他のフェレットや動物にも感染しますので、
別にしてかないといけません。
お部屋の放牧も原虫のたまごがつくので
してはいけません。

衛生管理の悪いショップで感染していることが多く、
下痢が続いておかしいことで、受診されることが多い。
フンに白いプツプツしたものが、混じっていたら
コクシジウムを疑います。

検便ではっきりしますのが、みつからない時期もあります。

治療と消毒が必要になります。

購入後のフェレットで、下痢が二日続くようなら、
まず一番にフンを持参で健康診断へ行きましょう。

症状は
下痢、血便、体重の減少
貧血、脱水症状
なので、ペビーの場合は衰弱が激しくなりますので、
早めに受診しないといけません。

コクシジウムは感染力が強く、他の動物にも感染します。
適切な処置(薬の投与や消毒)をすれば、1、2週間で完治するものです。
フン掃除のときは、使い捨てのビニール手袋を使用するか、
ビニール袋を手にしてしましょう。
100度くらいで、やっと死滅するほど強い原虫なので、
第二感染を防ぐようにしなければいけません。
使っていたハンモッグなどは処分される方がよいでしょう。

消毒剤 バイオチャレンジ
小動物のケージを消毒するのに使います。
フンしたらすぐに肛門をこれで消毒します。
耳掃除にも使えて、耳ダニの予防にもなります

category : コクシジウム 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。