フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

炎症性消化管疾患〔IBD〕
炎症性消化管疾患(Inflammatory Bowel Disease)
略してIBD


 IBDは、胃腸に炎症が起きることによって長期的な食欲不振や下痢になり、
衰弱してゆく慢性病です。

 IBDの原因として考えられるのは、胃腸の免疫機能に刺激を与えるような物質です。
原因物質は特定されていませんが、アレルギーを起こす食物がIBDの原因と考えられています。
その他の原因としては、ウイルスや寄生虫の感染が考えられます。
対症療法で症状を改善させ、フェレットの寿命を延ばすことができます。

IBDは他の病気と併発することがとても多く、
インスリノーマ、副腎腫瘍のフェレットの30~50%にIBDが見られます。
また、それらの併発で体重減少や低血糖などの症状を悪化させます。


 【症状】
体重減少 歯軋り 粘液便 緑便 タール便 粒状便 肝炎 食道の炎症
初期にはほとんど無症状である事が多いようです。
便の異常は慢性的経過をたどる事が多いですが、
突然の下痢から衰弱する場合もあります。

 【食事療法】
IBDの治療に食事療法は欠かせません。
チキンやビーフに対するアレルギーやフードに添加されている
科学物質の刺激がIBDを誘発する可能性が指摘されています。

鶏肉、大豆、化学物質等のアレルギーの原因を含むフードを取り止めて
専用のフード(猫用のチキンアレルギー専用フードか、手作りフード等にする必要があります。
食欲がない場合は、ダックスープ等のフェレット専用流動食を
強制的に与える必要があるかもしれません。

 【薬】
IBD治療に使用する薬物は、抗生剤、ステロイド剤を中心に、
胃酸抑制剤や整腸剤を併用する場合があります。
これらの薬剤で効果がない場合やステロイド剤の
長期投与で副作用が心配な場合は、免疫抑制剤を使用します。


category : 炎症性消化管疾患〔IBD〕 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。