フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

フェレットのおむかえ症候群について
お迎え症候群について
二匹目からのお迎え症候群



病気だと、先住フェレットにもうつります。
伝染病など気をつけましょう。
耳ダニもうつります。
まず健康診断をうけた方が安心です。
すぐ一緒のケージには入れず、
離しておきましょう。
病気の心配もあります。

 お迎え症候群というものが、あります。
新しい子も、先住フェレットも顔合わせがストレスになり、
急性胃腸炎のようになり、
下痢や、やわらかめのフン、
緑色のフン(この緑色は腸の壁がはげた色です)を
することがあります。
下痢や嘔吐が二日以上続くときは、
獣医師に診てもらって下さい。

新しいフェレットが来たことによる環境の変化
飼い主さんがかまってくれなくなったことによる不満。
下痢止めと、慣れることにより快復します。
また、新しいフェレットが雑菌をもっていることもあります。
接触後すぐに下痢を起こします。
抗生剤と栄養補給で比較的早く回復します。

先住の子と新入りの子が違うファーム出身の場合だったり、
古くからいる子が快適な環境で、免疫力が低下しているとき
「お迎え症候群」がおきやすいようです

*ベビーを成獣とすぐ一緒にしたら、思わぬ事故もありえます。
一歳半くらいのベビーは、当分別にして少しずつ無理なく慣らしていきましょう。


慣らすためには

○ケージ越しで、お見合いをさせてみる。
○2匹をケー度から出して、一日5分とか決めて、
徐々に時間を長くしていく。
喧嘩になったりしたら、止めに入ること。
絶対にその間、目を離さないこと。
○少し慣れたら抱っこして、背中のにおいを
お互いに嗅がせたりも良いです。

○一緒にケージに入れる前に、
シャンプーで洗って同じにおいにする

○二匹のにおいのついているものを、
一緒にするケージに入れて安心させよう。


●うちの子は、先住フェレは何ともなかったんだけど
来た子が、凄く拒否して、大変でした。
なのでお迎え症候群というか、迎えた症候群でした(笑
半月後には羨ましいくらい、とっても仲良しペアになってましたよ!



中々仲良くならないこともありますし、
お互いに、最初から、なんともない子もいます。

いつまでも、仲良くならないことは、まずないです。
気長に見守ってあげてね。

フェレットが仲良くならなかったという話は
ひとつも聞いたことないですから、
そのうちに必ず慣れます!


フェレットの儀式

新しい子の首に噛みついて、先住フェレットが引きずりまわします。
自分が上だと教えるためです。

上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいっぱいいるときは、
みんなに引きずりまわされます(笑)
心配はいりませんが
あまりにひどいようなら、止めに入ります。
   ↓
年下フェレットは、少し大人しくなります。

これは、噛み癖の中々治らない子にも効果ことがあります。
            ↓
首根っこを持って、軽く五秒くらい、ゆっくり引きずります。それを何度か繰り返します。



●うちも後からきた、ベビーのアルビノ♀が、無茶苦茶嫌がるので、
なかなか先住フェレットと一緒にできなくて
ケージを1階と2階にわけて、一月弱くらい育てたことがあります。
世話は倍かかるし、大変でしたよ。
 でも、その後、2匹はとても仲良かったです。
アルビノはいつも先住フェレのみ散歩に連れ出すと、
居ないというので、凄く心配してたみたいで、
帰ると飛んできて、なめたりして、しばらく離れなかったです。
特に頭のいいフェレットでした。
どのフェレットが入ってきても、
いつも怒って下痢してました。
でも、いつの間にか仲良くなりました。

ただ相性はありますね。人と一緒かな?

category : お迎え症候群 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。