フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

白内障
白内障

高齢のフェレットは老化ともに、よく白内障になります。
先天性のもの、外傷、インスリノーマ
薬の副作用等でもなります。
若いフェレット場合、原因がフードにある可能性もあり、
良質のフードと、サプリで良くなることもあるようです。

病院で目薬をもらって
(サプリは長期使用になります)
ナルヘソの「フェレット白内障」が進行を遅らせるのに
有効だと思います。

フェレットの白内障の手術について

日本でも手術例が増えています。
海外でもないことはないのでしょうが、
元々フェレッとは視力が弱くて白黒であまり見えてないそうです。
ヒゲと嗅覚や、聴覚で生活には、支障がないようだと
よく聞きます。
なので、殆どのフェレットは高齢なので
高額の手術代金を払い、
麻酔のリスク等も考えてするとなると
考えてしまいます。
海外では、フェレットの手術は一般的にしないのが
普通のようです。

手術ができる病院も増えてきてます。
元々犬猫の眼科の専門医がフェレットも要望があり
されているようです。
眼専用の、顕微鏡が必要ですし、
普通の病院にはないと思います。

こちらの病院は、あくまでも参考に載せています。
ネットで調べただけなので、
評判なども私にはわかりません。
十分、ご自分で調べてから、受診下さい。

フェレットの手術画像のある「犬山動物病院HP」
http://www.inuyama-vet.com/disease/disease_08.html

フェレットの手術もされてます。「竹原獣医科医院」
「竹原獣医科医院」
1眼 ¥315,000 (入院代 その他すべて含む)
http://www.takehara-vet.co.jp/index.html

犬猫の眼科もある「ぱんだ動物病院」
犬の白内障の詳しいページ
http://www.panda-ah.com/Ophthal/Ophthal.htm


スポンサーサイト
category : 白内障 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。