フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

リンパ腫 リンパ肉腫
リンパ腫(リンパ肉腫)

リンパ腫とは一般的にリンパ、網内系組織の
悪性新生物のことをいいます。

リンパはそもそも癌になりにくいと、されてます。
免疫のそろそろ落ちはじめた高齢フェレットに多発しています。
EBウイルスで感染するのではないかとも、
言われています。

EBウイルス感染症
EBウイルス(Epstein-Barr ウイルス)とは
ヘルペスウイルス科のEBウイルスは、
約40年前にバーキットリンパ腫という
アフリカの小児に多くみられる腫瘍から発見されました。
EBウイルスはほとんどの人に感染している。
日本でも3歳頃には約70%が、成人では90%以上の人が感染しています。
EBウイルスは一般には唾液を介して感染します。

ですから、フェレットとキスなど
いくら可愛くてもリンパ腫の可能性があるのですから、
絶対にやめましょう。
お口の中は元々ばい菌だらけですからね。


EBウイルスが原因となる代表的な人間の病気

EBウイルスが原因となる代表的な病気には、急性の感染症として
伝染性単核球症やEBウイルス関連血球貪食症候群、
悪性の病気ではバーキットリンパ腫や上咽頭癌
胃癌などがあります。
さらに、感染症と悪性の2つの顔をもった
慢性活動性EBウイルス感染症もあります。





消化管の慢性炎症
炎症性消化管疾患(Inflammatory Bowel Disease)が
リンパ腫を誘発するともいわれてます。

ウイルス感染症の可能性もありえます。
複数飼いは隔離する方がよいようです。
フェレットではリンパ腫は最も多くみられる
腫瘍と言われてます。
リンパ節、脾臓、胸腺、肝臓、髄膜、脊髄、腸管、
胸腔、腹腔、抹消血
中でもリンパ節、脾臓、肝臓は多いとされています。
症状はどの臓器が主に侵されているかによって異なります。

全ての年齢のフェレットに発症します。
フェレットでは基本的に2つあります。
2歳以下のフェレットに多く見られる急速進行性の
リンパ芽球型と、
5~7歳の高齢フェレットに多く見られる慢性の
リンパ球型のものとがある。


食欲不振、元気消失、体重減少、衰弱、咳
呼吸困難、下痢、嘔吐、黄疸、
後駆麻痺(後ろ足の麻痺)、脾腫
体表リンパ節の腫大(下顎、頚部、脇
内股の付け根、膝のうらなど、
ただし、太っている場合はリンパ節に脂肪が
ついて腫れているように感じることがあるので注意)、
腹部の腫瘤、(胃あるいは腸間膜リンパ節の腫大)など。

診断方法
  触診、レントゲン検査、エコー検査にて腫瘤(しこり)を確認。
  血液検査など

癌の中でもリンパ腫は抗がん剤が効果的といわれますが、
末期には効果がうすいときがあります。
副作用もきつめです。
様々な副作用で亡くなることもあります。
  
目標とされる治療は、
緩解(かんかい)といって腫瘍が悪さしない状態です。
緩解の状態までいかずに、亡くなるケースもあります

1~2歳のフェレットに多く見られる、リンパ芽球型のものは
並外れて進行が早いです。
この疾患は、未熟型の大きなリンパ球が
急速に内臓組織に浸潤します。
胸腺、脾臓、肝臓、その他多くの内臓に浸潤します。
それらの症例では、ほとんどの内臓がリンパ性組織に
置き換わってしまっていることがあり、フェレットの臨床経験の
少ない開業獣医師は、高い確立で誤診する結果となります。

白血病タイプは、後期に見られるかもしれませんが、
一般的にまれです。

治療最初にステロイドのみの投与を行っていると、
その後の抗癌剤治療への反応が悪くなります。 

リンパ腫は完治はしないと言われてます。
すでに末期で助からないという場合、
抗がん剤の効き目がみられないとき、
抗がん剤は止めて、サプリメントなどをあげたり、
家でみるという選択をされる人もいます。
ただし痛みで声をあげて、苦しんでいるようでしたら、
獣医師に痛みを和らげる処置をしてあげて下さい。
抗がん剤がよく効く場合でも、
その抗がん剤で、別の臓器が悪化してしまうことがあり、
それが原因で亡くなるフェレットもいます。

リンパ腫(リンパ芽球型)を早期に見つけようとするなら、

最低、1.2カ月ごとに診察を受け、
異常がないか、その都度確かめるしかありません。
素人では初期の癌はかなりみつけにくいと思われます。

たまに脇の下などを、触って触診してみましょう。

リンパ腫は、症状が出て、飼い主が気がついたときは、
殆どが末期になります。
フェレットは病気を隠すのが上手です。
亡くなる寸前まで、元気そうにふるまい、
我慢している子もいます。
やせた?って思ったら、若く元気なフェレットでも、
すぐに診察を受けて下さい。



癌に有効と言われる「アガリクスと鮫軟膏」

              

一袋10日分です
 




スポンサーサイト
category : リンパ腫 リンパ肉腫 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。