フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

心臓肥大
心臓肥大
心筋症「拡張型心筋症」「肥大型心筋症」


【原因】
心筋症は一部のフェレットに見られる心臓疾患です。
原因は不明です。(犬や猫の場合は殆どが遺伝とされています)
老齢になり、特に多く発症します。
簡単にいうと心筋症とは心筋が徐々に弱まり、
十分な血液がおくられない。
心筋が弱まり、引き延ばされて風船のように
心臓は徐々に拡大していきます。

【心臓肥大の原因】
心臓を動かしている心筋に異常が起き
心臓の収縮が低下しいくと、
全身に送られる血液量が低下していき
中隔や心室の筋肉が肥大していきます。
また心臓から送り出される時の血液の抵抗(高血圧)
が高いと心臓の壁や隔壁が
厚くなり全体に肥大してきます。
心臓の弁の開閉に異常がある場合などでも、
血液を送り出す時に強い力を必要とするので
心筋が肥大してきます。
血液が停滞し、肺及びその周囲、時には腹腔にも血液が集中して
最も良く見られる症状である咳の原因となります。
初めて気づく症状は元気がなくなり、へばることが多くなります。

質の悪いフードに問題があるのでは
ないかとも言われてます。
フードのタウリン不足も関係している可能性もあります。
(猫の場合はタウリン不足とされてますので、タウリンは必須です)

いくつかのタイプの心筋症は内分泌疾患やウイルス疾患
中毒(アルコール中毒を含む)、栄養不良などに伴って見られる。
末期には呼吸困難を生じ、肺水腫と腹水の貯留の併発も見られる
(腹水は横隔膜を圧迫しさらに呼吸を妨げる)
これは鬱血性心不全と言われる病態である。

「肥大型心筋症」
疾患では線維の過形成が見られ、
線維は心臓の内径にまで侵入し
心臓の血液駆出力を低下させる。
このタイプの心筋症の臨床症状は鬱血性のものと同じである。
「拡張型心筋症」「肥大型心筋症」両者は
異なった薬剤による治療が行われます。

【症状】
疲れやすく元気がない、すぐへばる、咳
体重減少、食欲低下、嗜眠、呼吸困難、腹水、胸水
 
雄雌に関係なく、2歳以上から多くなる。
初期は無症状です。
他の診察時に、心雑音、心臓肥大(X線検査)が発見されることが多い。
呼吸困難を主訴として来院し判明することが多い。
  
【診断】
身体一般検査
CRT、呼吸数
聴診:心雑音、不整脈、呼吸雑音
胸水、腹水の有無

レントゲン
胸水、腹水の有無
心臓の形態
心電図
エコー

レントゲン検査/超音波検査で拡張した心臓・胸水
腹水、肝腫/脾腫などが確認されます。
一旦悪くなった心臓は良くなりません。 
心筋症は治癒させることは出来ないので、
対症療法があるのみになります。

【注意点】

心臓に負担のかかる、甘草、カフェインや鎮静成分を含む飲み物
チョコレートなどをあたえてはいけません(病気でないフェレットにもダメです)
ストレスをあたえないように、興奮させたり、怒らしたりしてはいけません。
心臓に負担をかけないように、ケージを低くしておく、トイレを入りやすくする。
重いおもちゃはやめて、軽いおもちゃに代えるなどしましょう。

*フェレットの心臓に詳しい獣医師(少数です)に診てもらうのが
一番良いでしょう。
   
スポンサーサイト
category : その他の病気 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。