フェレットの詳しい飼い方  病気や事故など
welcome フェレット☆モード !
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category : スポンサー広告 

前立腺肥大
前立腺肥大

膿尿

*前立腺はオスしかありませんので、オスの症状です

膿が陰部についている
尿が出にくくなる
ペットシーツで、いつも角にしていたのに、
別のところにする
たっぷり出ていた尿を、小分けで出すようになる
排尿障害
血尿
残尿
力んで排尿をする
排尿時に声をあげる(痛みのため)
尿閉→尿が出ない→危険です。尿毒症や、
最悪亡くなることもあります。
後期には、膀胱や腎臓のはたらきも低下してくる

痛みを伴うので、早めに治療をすること。



【原因】

発症の原因には、男性ホルモンの産生低下が、
強く関与しているといわれています。男性ホルモン
(テストステロン)の分泌が減少することにより、
前立腺の内腺にコブができてくるのです。

早期発見が大切です。
腎盂腎炎や水腎症など腎臓障害を起こす
恐れがあるので、早めに診察を受けましょう。

前立腺肥大は、こういった過程でおきます。

   血流障害 → 腺組織、分泌腺組織にストレスがかかる

   →分泌の抑制  → 分泌物の滞留 → 組織の肥大

   → 引き続き血流障害 → 組織の破壊

   →繊維芽細胞による細胞の繊維化 → 引き続き血流障害

   →繊維化が進み肥大化する。

http://yagies.noblog.net/blog/a/10064570.html


前立腺肥大症は、
→加齢によるテストステロン(男性ホルモン)の産生量が低減する
→テストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変化する
→ タンパク質受容体に結合する
→ 細胞膜精製・分裂を誘発する
→ 前立腺肥大を発症するという経過をたどります


ホルモンが関係をしているとは、言われてます。
副腎ホルモン=とは人のHPには書かれていない。

参考HP
http://www5f.biglobe.ne.jp/~dec-ah/exotic/ft/ft_08.html
http://www.ferret.gr.jp/disease/struggle/adr_01.html





膿といえば、すぐ思いつくのは、
おしっこが出にくくなる
膀胱炎ですが、これはメスが多いです。
水をたくさん飲んでいない場合にも起こりやすいので、
しっかり水を飲んでいることを確認ましょう。
膀胱炎の場合は、抗生物質の治療になります。
一週間くらいでは、治らないです。
少し長くかかることが多いです。

もうひとつの膿の原因には
副腎の腫れ、ホルモンバランスの乱れで、
前立腺の腫れ→前立腺に膿がたまる
場合の、膿もあります。
(前立腺膿瘍)
高齢のオスフェレットに多い。
*注意→前立腺は、オスにしかないので、
メスにはあてはまりません。

なぜ前立腺が腫れると、膿がたまるのか?
前立腺は尿道のまわりに存在しているため、
尿道が圧迫されて排尿障害がおきます。(人間と一緒です)
尿が出にくくなったら、そこに菌がたまり、膿む。
そのために、膿が前立腺にたまります。

膿がひどい場合は、カテーテルを入れて
膿を取り出すこともあります。


水分をよくとるようにすることも大切です。
スポンサーサイト
category : その他の病気 

メニューはこちらから
,
現在の閲覧者数:
里親サイト
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ドレミFlash
,
fe1.gif
たまちゃんカップ時計
,
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。